FC2ブログ

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アロン・サイスさん(陶芸家)

Category : とちぎの作家
桃山陶を現代風に


アロンさんね

 益子町在住でニュージーランド生まれの陶芸家アロン・サイスさん=写真=(38歳)の新作展が7日から17日まで、ギャラリー淡風荘(宇都宮市桜4―16―21、TEL028・622・3309)で開かれる。
 アロンさんは、15歳から陶工として働き、18歳のとき家族とともにオーストラリアに移住し、工芸学校で陶芸を学んだ。22歳で穴窯を製作し、24歳で初来日。岐阜県で日本の陶芸を学んだ。古田織部に魅せられたアロンさんは、26歳から益子で桃山陶を現代風にアレンジしながら作陶を始めた。満足できる織部のグリーンは、「2年間の研究から生まれた」という。
 現在はガス窯で焼成しているが、「来年からは薪窯と灯油窯で、志野や黄瀬戸もやっていきたい」と話す。
 ※注 古田織部は、信長、秀吉、家康のもとで、武人と茶人の道を使い分けながら、自由、奔放、斬新、独創の精神で茶陶、食器などに限らず、桃山時代の産業文化に大改革を行ったともいわれている。




アロンさんの皿ね





アロンさんのまっちゃわん





スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

のだたけし

Author:のだたけし
過去に掲載されている人たちは野田が新聞記者時代に取材した人達です。すべての人が現在進行形(ing)で活躍しています。「それぞれのing」は、そんな人たちのちょっとだけ前のお話ですが、記事はそのまま情報として掲載しておきます。これからブログは、日記のやうに、、気ままに使わせていただきます。

最近の記事
カテゴリー
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新コメント
FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。