FC2ブログ

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青少年の自立援助ホーム「星の家」

Category : 心に添う 福祉という仕事
心の傷癒し、共に生きる

     子どもたちに居場所を

 社会人として自立するまでの子ども時代を、多くの子どもたちは家庭で過ごす。家庭崩壊や虐待を受けて、それができない子どもたちは児童養護施設で過ごすが、高校に進学できなければ無理にでも自立しなければならない。こうした青少年の心の傷を癒し、人間関係を作り直すとともに、社会に出てからの心の拠り所を提供し、自立への支援を行うことを目的に平成九年、自立援助ホーム「星の家」(宇都宮市大通り4丁目2―18)は開設された。支援活動は、現行の福祉制度からスッポリ抜け落ちた部分にも関わらず、県内には「星の家」と同様の施設は無い。現在5人の青少年が星の家に居住しているが、「入居希望者だけでも3倍以上おり、入居できない青少年が路頭に迷っている」と、星の家ホーム長の星俊彦さん(54歳)は嘆く。

               会員になって支えて

星一家


 児童養護施設に勤務していた星さん。「何か問題があれば相談に乗る」と施設を卒業する子どもに電話番号を教えたところ、勤務1年目から問題が発生した。仕事を突然辞め、一文無しで住む所すらない卒業生が泣きついてきた。仕事が見つかるまでの約束で居候を許したが、「星先生のところに行けば住まわせてくれる」と子どもたちの間で噂となり、次から次からと居候の受け入れが続いた。
 平成3年、美帆さんと結婚し「もう居候は来ないだろう」と夫妻は思ったが、今度は女子が「妊娠しちゃって堕胎することもできない」と訪ねてきた。夫妻に子どもができた後も、行き場の無い子どもたちの訪問は絶えなかった。
 「個人的なやる気だけでは支えられない」と支援者を募り、自立援助ホームを作るために平成8年、青少年の自立を支える会を発足。同10年にはホームを利用しない子どもたちへの電話相談「自立のホットライン」を開設。11年に支える会がNPO法人認証を受け、14年には全国で十番目の国税庁認定NPO法人となった。
 星の家の支援は、一緒に暮らすこと。普通の生活の中で、社会に出た時、変な人と思われないように常識的な感覚で関わっていく。「とんでもない家庭に育ったり、施設の中で十把一絡げに育てられた子というのは、普通のスキルが身に付いていない」。それがつまづきの原因になるという。
 「過酷な環境の中で傷ついた子どもたちは、ホッとできる環境に来たら『良かった、じゃあ前に進もう』にはならない。今まで得られなかった幸せを求め」退行する場合が多く、精神的に不安定になり、暴れたり、飛び出したり、自傷行為をするなど感情のコントロールができない子がいる。「そういう子一人ひとりと向き合い、共に乗り越え、時には振り回されたりしながら子どもたちと付き合っていくこと」で、少しずつ信頼関係を築き、絆を持つことが大切と話す。また、子どもたちには「自尊の感情を育み、大切な存在という自分を自覚してほしい」。
 星の家の居住期間は半年から1年。働いて、お金を貯めてアパートへ引っ越すことが自立援助ホームの表面的な流れだが、「本質はそこにあるのではなく、一緒に暮らす間に築いた信頼をテコに、ホームを出た後も一緒に生きていくことです。私たちは長い付き合いとしてみています。彼らにしてみれば、一生抱えていかなければならない。一人で抱えられないときには、だれかが支えてあげる。『大丈夫だよ』って言ってくれる人がいれば前へ進んでいける」。支援に終わりはないと星さん。
 ホームを出た子どもたちが遊びに来る。子どもたちの多くは、星の家の近くにアパートを借りて暮らしている。

会員及び寄付募集

 第2の星の家開設の構想もあるが、現在の星の家維持にも四苦八苦しているのが現状だ。財政状況は、国や県からの補助(約700万円)も活動費の4分の1程度のため、会員(未納者を含め約700人)の会費(年5000円)や寄付、バザーやチャリティーコンサートの収益金で運営しているが、台所は火の車で、「活動内容に賛同していただき、会員になってくださる方が増えれば助かります」と星さんは話している。

 ◉総会議決権を持って会の運営に参加する正会員(会費は所得控除の対象外だが寄付金は所得控除の対象)=年会費5000円
 ◉継続して金銭面で支援したい賛助会員(賛助会費は寄付金として扱われ、所得控除の対象)=年会費個人5000円、団体2万円
 ◉会員外で支援をしたい(寄付金は所得控除の対象)
 ●会費納入及び寄付の郵便振込先=加入者名…青少年の自立を支える会 口座番号…00140・3・366972 通信欄に会員種別等及び金額を記入ください




【2008年2月1日2面掲載】



元利用者からのコメントが届いています。
掲載了承の確認をとっていないため、
名前は伏せてSさんからとします。
コメントには加筆していません。
コメントの書き込みがあったのは、2009年10月9日午後です。
(文責/編集部・野田武志)


あの頃は自分自身不安定で仕事を何度となく辞めたり拒食症になったり自傷行為をしたり家出したり迷惑ばかりかけていました でも星の家の生活があったからこそ今こうやって親の有り難みや感謝の気持ちを学べ少しずつですが前に進めています。今では独り暮らしできるまでになりました。本当に感謝です。



スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

のだたけし

Author:のだたけし
過去に掲載されている人たちは野田が新聞記者時代に取材した人達です。すべての人が現在進行形(ing)で活躍しています。「それぞれのing」は、そんな人たちのちょっとだけ前のお話ですが、記事はそのまま情報として掲載しておきます。これからブログは、日記のやうに、、気ままに使わせていただきます。

最近の記事
カテゴリー
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新コメント
FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。