FC2ブログ

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮原隆岳(りゅうがく)・宮原楓翠(ふうすい)漆作家

Category : とちぎの作家
使いやすく美しい漆

宮原さん親子。ええ顔してんなぁ
絶妙の微笑が撮れてホッといたしやした。




宮原父ちゃん作eps
隆岳さん作の片口と焼酎杯
焼酎杯の周りは漆を焼き付け、金箔を内側に貼り付けてあります




楓翠さんの作品だよ
楓翠さん作の乾漆技法を使った器と短冊箱


 宇都宮を拠点に活躍する漆作家親子、宮原隆岳さん(りゅうがく、61歳)と楓翠さん(ふうすい、36歳)の作品展が25日から5月1日まで、鐵竹堂瀧澤記念館(さくら市桜野1365、TEL028・682・3125)で開かれる。
 隆岳さんは蒔絵技法や螺鈿技法を使い、繊細で大胆に美を追求。楓翠さんは、麻布と漆を幾重にも張り重ねる乾漆技法で独創的な形を作りだす。親子で技法は異なるが、目指す方向は「軽くて、丈夫で使いやすく機能性を備えながらも、より美しい」器づくりだ。
 第一回伝統工芸士に選ばれ、黄綬褒章受賞の漆工芸家・宮原蘇山(101歳)の子として長野に生まれた隆岳さん。東京の大学を卒業後20代後半までサラリーマンをしていたが、「先祖代々の血が騒いだのか」30歳で蘇山さんからの教えを礎に漆工芸を再開した。
 漆は本来分業だが、陶器や木、真鍮などあらゆる素材に漆を施す隆岳さんは、素材を吟味した上各専門家にデザイン画を添え発注し、貼り付けや塗りなどすべての作業を行う。蒔絵技法は30工程、螺鈿技法は41工程の上完成する。
 「木をベースにしていないので、自由な形が追求でき、耐久性も魅力」という楓翠さん。乾漆技法は時間と漆を膨大に使う。「最短なものに走ってしまうと技術というものは残っていかない。若いときは採算に合わないことでもやっていかないと自分のためにならない」と、父は息子の仕事にエールを送る。
 今回の作品展では、「漆の意外性や表現の面白さをみてほしい」と口を揃える。会場では、隆岳さん制作のDVDを使い制作工程を上映する。


◆宮原隆岳さん略歴

1983年 県芸術祭美術展奨励賞
1984年 県芸術祭芸術祭賞
1985年 日本新工芸展入選
1986年 日本新工芸展入選
1990年 伝統工芸新作展入選以後7回入選
1991年 日本伝統漆芸展入選以後7回入選
1992年 日本伝統工芸展入選
1993年  県文化奨励賞受賞
1994年 朝日現代クラフト展招待出品/県芸術祭美術展審査委員     以後4年連続
1995年 国民文化祭実行委員・審査委員
1996年 日本伝統工芸展入選/宇都宮市民芸術祭審査委員/県芸術祭50周年記念展運営委員
1999年 宇都宮市民芸術祭20周年展出品
2000年 茶道宗名「宗隆」拝受
2002年 宇都宮美術の現在展企画委員(宇都宮美術館)


◆宮原楓翠さん略歴

1992年 石川県立輪島漆芸技術研修所入学
1995年 宇都宮市民芸術祭市民芸術祭賞
1996年 宇都宮市民芸術祭招待出品
1997年 日本伝統漆芸展入選以後4回入選/石川県立輪島漆芸技術研修所卒業/県芸術祭美術展準芸術祭賞
1998年 伝統工芸新作展入選以後2回入選
2000年 日本伝統工芸工芸展入選
2003年 宇都宮美術の現在展出品(宇都宮美術館)
 
 現在、日本工芸会準会員


 

下の写真は隆岳さん制作の棗。
漆は茶色の色素を含んでいるため、白の表現には卵殻を砕いて使う。

なぜウズラの卵を使うのか、訊ねるのを忘れましたが(あちゃ~)
10個に1個の割合で、ウズラの黒い模様が酸で拭くときれいに落ち、
白い卵殻が現れる。内側の薄皮をピンセットで取り除く。
卵殻は乾燥させ、砕き、漆の上にただひたすらに貼り付けていく。
ピンセットで摘むことすらできない細かいものを丁寧に、模様にそって並べていく。

漆は接着剤としても高い能力がある。
割れた陶器を張り合わせるなど修復材としても利用されているもの。

縁の金色は金箔ではなく、金の板を埋め込んであるため、光沢に深さすらある。

漆を幾重にも塗り重ね、
磨きをかけてゆく。






卵殻で表現した棗


瀧澤記念館







スポンサーサイト
プロフィール

のだたけし

Author:のだたけし
過去に掲載されている人たちは野田が新聞記者時代に取材した人達です。すべての人が現在進行形(ing)で活躍しています。「それぞれのing」は、そんな人たちのちょっとだけ前のお話ですが、記事はそのまま情報として掲載しておきます。これからブログは、日記のやうに、、気ままに使わせていただきます。

最近の記事
カテゴリー
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新コメント
FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。