FC2ブログ

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渡辺佳春さん(陶芸家)

Category : とちぎの作家
渡辺佳春さんだよ

地元原土混ぜ、器に命

 年2回登り窯を焚き、土の香りのする素朴な器を作り続ける陶芸家、渡辺佳春さん(宇都宮市中里1697、TEL028・674・4264)の作品がギャラリー匣(さくら市馬場400-2、TEL028・682・8745)で1月11日まで展示されている。
 渡辺さんは28歳で脱サラし陶芸の道を選んだ。作陶を続けながら好きだった農業も自給のために始め、有機無農薬栽培で、古代米や季節の野菜などを作り一部販売もしている。
 「陶芸が主ですが、農業をしながら食を彩る器が焼けたら」と『半農半陶』の喜びを語る。
 窯焚きに使う薪は廃材を使い、釉薬は土灰(カマドで作った雑木の灰)を他の釉薬と混ぜ、土味を生かす。粘土は茂木の土と信楽の土をベースに、地元の原土を自ら採取しブレンドする。「精製された土だけでは、生命力の無い器になる」ためだ。カタチは無理に作らず、乾燥後の削りも少ない。特に気を使うという高台は豊かな表情を醸し出している。
 作品展を頻繁に開かないため、窯焚きの春と秋には業者やファンが買い付けに直接窯を訪れる。

飯碗表

飯碗裏

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

のだたけし

Author:のだたけし
過去に掲載されている人たちは野田が新聞記者時代に取材した人達です。すべての人が現在進行形(ing)で活躍しています。「それぞれのing」は、そんな人たちのちょっとだけ前のお話ですが、記事はそのまま情報として掲載しておきます。これからブログは、日記のやうに、、気ままに使わせていただきます。

最近の記事
カテゴリー
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新コメント
FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。