FC2ブログ

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テディベアとリース展

Category : とちぎの作家
 「寒い冬の日、陽だまりのような手作りの暖かさを届けたい」と、12日と13日に喫茶店リンデン(日光市明神235、TEL0288・27・0432)で、同市在住のテディベアを制作する渡邊かほるさんとリースを制作する田代綾子さんが二人展を開催する。作品をより多くの人にみてもらいたいことから、販売は展示会終了後に行う。

笑顔がウリの人形制作

渡邊かほるさん

渡辺さん


テディーベア2



 「落ち込んでいる人が、テディベアを見て笑顔になってくれたらいいですね」と話す渡辺かほるさん。約15年前から独学で作り始めた。
 出産後在宅時間が長くなり、ワンピースなど洋服を作っていたが、布の切れ端などコットン生地で熊人形を作り始めたのがきっかけだった。「独学なのでだれかに教えることはできない」というものの、那須テディベアミュージアムのウエディングベア・コンテストなどでグランプリや準グランプリを受賞し、「コットン・キャンディ」のブランドで販売もしている。
 「以前は鼻ぺちゃな女の子顔だったのが、最近は段々鼻が高くなり男の子顔になってきました」と笑ってみせる。個性的なキャラクターではなく、オーソドックスで飽きのこない、そして顔はすまし顔ではなく、笑っている顔を作り続けたいという。顔の表情を出すのが何よりも難しく、目の大きさや刺繍糸が一㍉ずれただけでも表情が違ってくるため、同じ物は作れない。
 オリジナルの型紙に合わせ生地を裁断し、手、足、首を動かすジョイントをセットし、綿を詰めたり重さを出すためにペレットや鉛を詰める。15年間故障知らずのベアは、型くずれしないよう硬く作る。




自然色生かし心豊かに

田代綾子さん

リースを作る田代さん


 「物づくりって楽しい。好きな物を作って並べて、コーヒーが飲めるスペースができたらいいな」と喫茶店リンデンを始めた田代綾子さん。渡辺さんとは15年ほど前から物づくりの仲間で、共にガレージセールなどで手作り品を扱っていた。当初パッチワークや籠づくりなどと並行してリースを作っていたが、「自然の物が好きで、木の実やツルなど素材が野山や家の周辺で簡単に手に入る」ため、リース作りに絞った。
 十数年前、東京までドライフラワーを習いに月2回3年間通った。2年前までは、旧今市市役所で若い人たちにリースの作り方などを教えたりもした。「やっているうちに手が慣れるので、リースはだれにでもできます。自分の家の周りの物を使って飾ればとても素敵です。生の花が一週間だったらドライフラワーは1カ月くらいしか持たず、きれいな状態ではないと東京では習ったけれど、1年前のアジサイのリースが微妙に茶色くなっている。それも素敵だなって思っています」。人は感じ方だという。「コレじゃなくちゃだめと思わないで、変わっていくことも自然で素敵なことだと思います」。
 「作品展で、ユーカリの香りだったり、何かを感じ取ってもらえたらうれしい」と話す。


リース2



唐辛子リース

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

のだたけし

Author:のだたけし
過去に掲載されている人たちは野田が新聞記者時代に取材した人達です。すべての人が現在進行形(ing)で活躍しています。「それぞれのing」は、そんな人たちのちょっとだけ前のお話ですが、記事はそのまま情報として掲載しておきます。これからブログは、日記のやうに、、気ままに使わせていただきます。

最近の記事
カテゴリー
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新コメント
FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。