大垣昌昭さん(木工家)  やまさきのぞむさん(陶器作家)

Category : とちぎの作家
大垣さん本人

 那珂川町小砂町在住の木工家・大垣昌昭さん(42歳)と陶器作家のやまさきのぞむさん(43歳)夫妻の「二人の仕事展」が31日まで、ギャラリースカーパルランド(矢板市越畑229―5、国道4号線片岡交差点を宇都宮方面からは右折1・8㌔右側、TEL0287・41・7097)で開かれている。
 木工作品を発表し始めて4年になる大垣さんの物づくり初仕事は、自宅ログハウスと妻のアトリエだった。家を建てるために伐採した山桜や使った道具を生かせないかと、のぞむさんの器に合う木のスプーンづくりから木工を始めた。
 素材は山で倒れている広葉樹を生木のまま使用する。柔らかいうちに削り、乾燥に伴う割れ防止はウレタン塗装などでカバーする。「細かいことは気にしない。出来たなりを楽しむ」。
 のぞむさんは京都芸大時代から陶芸を始め、「気分が凹んでいるときに私の器を使って元気が出たとか、器でそんな手伝いができたらいい」と、使ってもらえる器づくりが楽しい。
 「同じ環境で暮らす2人の生み出すもの。塊を削っていく仕事と、塊からひねり出していく仕事との違いを楽しんでいただければ」とのぞむさん。

大垣木工






のぞむさん
土の塊からひねり出し成形する玉づくりの手法が最近多いというやまさきのぞむさん=夫が造ったアトリエで




のぞむさん作



大柿さん手作りのアトリエだす


20008年10月掲載

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

のだたけし

Author:のだたけし
過去に掲載されている人たちは野田が新聞記者時代に取材した人達です。すべての人が現在進行形(ing)で活躍しています。「それぞれのing」は、そんな人たちのちょっとだけ前のお話ですが、記事はそのまま情報として掲載しておきます。これからブログは、日記のやうに、、気ままに使わせていただきます。

最近の記事
カテゴリー
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新コメント
FC2カウンター
ブログ内検索