FC2ブログ

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AKIRA=杉山明さん(画家/小説家/音楽家)

Category : とちぎの作家
アキラさん

 日光市稲荷町在住の画家兼ミュージシャンで作家のAKIRA(49歳)=杉山明さん=が25日(日光の幾何学堂)と26日(宇都宮のギャラリー悠日)、アイヌ民族を代表する語り部、アシリ・レイラさんと共演しセルフストーリーオペラを披露する。レイラさんは、身寄りのない子どもを多く育て、自然を守る活動や世界中の先住民と交流を広げる英知の人。AKIRAさんは同ギャラリーで「ヨーロッパ回顧展」を開催中。


 何かをしたいけれど、何をして良いか分からない若者だったというAKIRAさん。
 日本にいると平均台の上を行進させられているような感覚があった。このまま落ちないで、人の後を付いて行けば幸せが待っている。もし平均台から落ちたら、だれにも相手にされない社会的な落ちこぼれだみたいに感じ、自分でもその平均台から落ちるのが怖いというのがあったが思い切って落ちてみた。その下にあったのは地獄ではなく、地面だった―。
 「落ちろ落ちろそして目覚めろ」というメッセージを受け取り、19歳からアメリカ、ヨーロッパそしてインドへとより多くの先住民たちを訪ね歩く旅をした。
 初めに住んだニューヨークでアートに出合い工事現場から板を剥がして絵を描き始め、気がついたらアーティストになっていた。
 「人間の意識はどこまで拡大できるか」とドラッグに手を出し、ヘロイン中毒になった。犯罪者たちと生活をしながらアメリカを回り、そこで学んだことが今の自分の作品のベースになっていると話す。
 すべての表現は「他者救済のための活動」と言い、作品に触れることで呪縛を解くキッカケになってほしいと話す。同じ痛みを抱えた者同士、一緒に歩き平等に繋がっていきたいという。
 引きこもりの親の会に呼ばれ講演をしたり、ライ病患者、知的障害者等の施設でチャリティーライブ活動など積極的に行っている。

2008年10月掲載

 
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

のだたけし

Author:のだたけし
過去に掲載されている人たちは野田が新聞記者時代に取材した人達です。すべての人が現在進行形(ing)で活躍しています。「それぞれのing」は、そんな人たちのちょっとだけ前のお話ですが、記事はそのまま情報として掲載しておきます。これからブログは、日記のやうに、、気ままに使わせていただきます。

最近の記事
カテゴリー
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新コメント
FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。