FC2ブログ

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋山俊也さん(画家)

Category : とちぎの作家
鮮烈な個性光る
俊也さん

鉛筆の削りかすや布切れでコラージュ

 朝日新聞歌壇コーナーに挿絵を連載中の画家・秋山俊也さん(21歳、日光市七里71―32)の個展が31日まで、ギャラリー悠日(宇都宮市吉野1―7―10、TEL028・633・6285)で開かれている。
 今回は、「見る者に純粋な感動を呼び起こす芸術」として注目されてきた秋山さんの通算7回目となる個展。2万枚にも及ぶ「電信柱」の絵からステップアップし、紙やキャンバスの上にメディウムを染み込ませた鉛筆の削りかすや布切れ、スケッチブックの耳を張り付けるといったコラージュ的な作品も発表している。
 絵画修復家の父親・俊幸さんに導かれ中学生から猛烈に制作を始め、「障害者芸術の枠を超越した作風」と昨年の個展で絶賛され、今回の個展に小杉放庵記念日光美術館の田中正史学芸係長は、「鮮烈で独特な個性が遺憾なく発揮されており、重力などの作用による偶然性を、あたかも必然的に予見するかのごとく平面上に定着させている。今回のコラージュ的な制作においては、平面の概念という、絵画の本質的な根源にまで思索を深めさせられるのではないかと期待される」と言葉を寄せている。

俊也さんの新作


2008年8月掲載

 
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

のだたけし

Author:のだたけし
過去に掲載されている人たちは野田が新聞記者時代に取材した人達です。すべての人が現在進行形(ing)で活躍しています。「それぞれのing」は、そんな人たちのちょっとだけ前のお話ですが、記事はそのまま情報として掲載しておきます。これからブログは、日記のやうに、、気ままに使わせていただきます。

最近の記事
カテゴリー
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新コメント
FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。