FC2ブログ

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉田利雄さん(彫刻家)

Category : とちぎの作家
想像刺激へ仕掛け作り

吉田さんだよ

抽象から具象へ8年間の集大成

 日本現代陶彫展優秀賞、海の見える杜美術館彫刻ビエンナーレ優秀賞受賞など具像彫刻で頭角を現してきた、文星芸術大学彫刻研究室助手で彫刻家の吉田利雄さん(41歳、宇都宮市河原町3―8)が22日から宇都宮のギャラリーシエール(☎028・671・8210)で初めて個展を開く。今回の個展では、抽象から具象に変更して8年、その軌跡の集大成としている。31日まで。


 「見る人がストーリーを考えられるように、作家は仕掛けを作っていかなければならない」。どこまで作るのか、その線引きが自分の中ではイメージとしてあるが、毎回一番苦労する点だという。
 東京芸術大学大学院彫刻専攻科修了後は抽象彫刻を主に制作、東京を中心に発表の場を持ち活動していた。光や音を使った抽象彫刻を展開。「コンピューター仕立てで音の調整をするとなると、音を遮断する空間や機械もそろえなければならない。それ以上の展開となると企業とタイアップした路線しかない。自分にそれだけの力があるのか、この路線でいいのか」自問自答を繰り返していた。「抽象は自己満足なのか、作品発表なのか自分の中でジレンマがおきてきて、他の人に何か伝えたいという場合は多少なりともそこに歩み寄るものがないといけないのではないか」という思いを抱きながら、8年前に「もう一回リセットしよう」と、美術の教師として中米のエルサルバドルへ渡った。
 学生時代に作っていた塑像(木で芯を作りワラなど巻き付け土をつけ像を形作り、表面は細かい粘土で仕上げる)を教え、自らの創作も塑像で作り始めた。「日本を離れてから日本を感じ、本当の和の部分とは何かを考えたとき、日本の仏像のような『静』の部分が新鮮に思え」、『静』のイメージを持った顔の塑像を作り続けた。「コレしかないな」、創作の方向性が決まった。
 帰国して2年目に第9回日本現代陶彫展で優秀賞を受賞した。作品は、東海環状自動車道土岐南多治見インタチェンジに設置されている。
 作品は「なるべく正面をなくそう」と作る。「彫刻は空間的な物の見え方が絵画とは違い、やっかいな部分ではあるが、魅力だと思っています」から、壁際に設置されるより360度、上から下から見て楽しんでもらえるように制作する。
 見る人がストーリーを考えられる仕掛けは、完結させないこと。「たとえば水を飲む場合、コップを口に付けていればだれが見ても水を飲んでいることになるが、机等にコップがあり、手がコップに触っているか触っていないのか微妙な形にすれば、水を飲んだのか、飲もうとしているのかといった想像が生まれ、時間的な要素も作品の中に取り込めることができる。そういう物の見方で創作していきたい」。見る人にどう伝わるのか、表情が出やすい顔や手は作りすぎないように削ぎ落とす作業に悩むという。「なるべく余計な物はつけないが、作りなさ過ぎると何だか分からなくなり、伝わっているのか時折不安になることもあって、境目で苦しんでいる感じがします」。
 使用する素材はテラコッタ。強度に問題があり、人物1つでは足も細く弱くなることから、2つの人物を絡めさせ底辺に安定を持たせた。「人物が2人になると、2人の間に奇妙な空間が生まれストーリーが生まれてくる。夫婦像や親子像ではなく、関係性の無い人物をニュートラル状態で配置している。人物には喜怒哀楽を与えず、形の空間的使い方や構成の面白さを追求しているだけですが、見る人は関係性を見ようとする。面白いですね」見る人がストーリーを考えてくれるのが楽しいという。人物を二つ配置した「間(ma)」シリーズは、平成18年、海の見える杜美術館彫刻ビエンナーレで優秀賞を受賞し、広島の海の見える杜美術館に設置された。
 今回の個展では、具像を手掛けてから8年間の集大成として、高さ160㌢;程の作品を4、5点含め約20点を出品する。


吉田彫刻


2008年5月掲載


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

のだたけし

Author:のだたけし
過去に掲載されている人たちは野田が新聞記者時代に取材した人達です。すべての人が現在進行形(ing)で活躍しています。「それぞれのing」は、そんな人たちのちょっとだけ前のお話ですが、記事はそのまま情報として掲載しておきます。これからブログは、日記のやうに、、気ままに使わせていただきます。

最近の記事
カテゴリー
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新コメント
FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。