FC2ブログ

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木城圭美さん(絵描き人)

Category : とちぎの作家
木城さんね



「傷ついた心を癒したい」


 「仏の世界を描いている」と言う絵描き人・木城圭美さん=写真=(きしろたまみ、佐野市在住、30歳)の個展「再会の季節」が7月1日から15日までの午前11時から午後5時(最終日は午後4時まで)、ギャラリーカフェ暠雅(こうが、宇都宮市中戸祭町805の10、☎028・624・1673、月曜日定休)で開かれる。また、7月16日から24日までの午前10時から午後6時(最終日は午後4時まで)、たから園現代工芸(小山市立木1426の5、☎0285・23・6966)では、佐野市在住の土・造形家の筒井童太さんと「香れば」と題して2人展を開く。
 愛知県立芸術大学油彩専攻に7年在学し、卒業後3年間は「社会勉強として」就職。絵はアルバイトをしながら、2年前から本格的に始めた。
 「絵は売るためではなく、だれかの役に立つために描いている。精神的に傷ついている人を癒す絵を描きたい」と話す木城さん。昨年の作品展で、ある僧侶と出会い、漠然と描いていた絵に生命が吹き込まれた。「宇宙の遺伝子の一つ一つをカタチにしていき、目には見えない世界を絵で表現していけば共感してもらえるはず」と言う。
 「私が描いているけれど、私の絵ではないのでサインは入れない」。


「仏の世界」描く


木城さんの絵1枚目

「蓮火(れんか)」P 60号、油彩




木城さん絵
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

のだたけし

Author:のだたけし
過去に掲載されている人たちは野田が新聞記者時代に取材した人達です。すべての人が現在進行形(ing)で活躍しています。「それぞれのing」は、そんな人たちのちょっとだけ前のお話ですが、記事はそのまま情報として掲載しておきます。これからブログは、日記のやうに、、気ままに使わせていただきます。

最近の記事
カテゴリー
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新コメント
FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。